JAPAN BOAT SHOW2019

0

    今日は雨模様だったので、ボートショーの室内展示場の

    パシフィコ横浜に赴いた!

    友人と行ったけど、まずは駐車場が爽快でした。さまざまな

    高級車のレパートリー。友人の車で行ったのだが、駐車場は

    満車状態でやっと空いていた1台に駐車すると正面の車は、

    真っ赤なフェラーリー、その両サイドはこれでもかというぐらいの

    白のベントレー。ここだけで1億円也。

    ボートショーでは知り合いなどにも会えたし、ヤマハの人や

    トヨヤ、ホンダの人にも細かい説明をして頂き、ガーミンの

    魚探の使い方を習い、一休みでビールをあおり、ヨットスクール

    の社会人コースのこともじっくり聴けたし・・・新たな海外での

    船の利用も増えたし、バーチャル経験もしたし、経験値の向上

    にはもってこいの1日となりました。晴れたら、船の展示場にも

    行ってみようかなーーー。

     


    翔んで埼玉

    0

      映画「翔んで埼玉」を鑑賞する。

      内容は、かつて東京都民からひどい迫害を受けた埼玉県民は、

      身を潜めてひっそりと暮らしていた。東京都知事の息子で、

      東京のトップ高校である白鵬堂学院の生徒会長を務める

      壇ノ浦百美は、ある日、アメリカ帰りで容姿端麗な謎の

      転校生・麻実麗と出会う。百美は麻実に淡い恋心を抱き、

      互いに惹かれあっていく。しかし、麻実が埼玉県出身で

      あったという衝撃の事実を百美が知ってしまい、2人は東京

      と埼玉の県境で引き裂かれることとなってしまうが…

      というもの!

      周囲からの声と評判が良かったので、どこかのタイミングで

      観ようと思っていたが、やっと観れた。

      全体的なストーリーを楽しむというよりも県民性のののしり

      と出演者達の意匠や演出を楽しむといいのかもしれない!

       


      温泉で〆る

      0

        無事に下山して、事前に調べておいた温泉にかけこむ。山荘には

        当然シャワーも風呂もないので登山で汗だくになった体は

        ウェットティッシュで拭くことになる。今回は水を多めに持参

        できたのでコップ半杯で歯を磨くことはできたけどね。

        登山後の温泉は格別で、温泉後のキンキンに冷えたビールもまた

        格別なのだ。

        また次回の山行の計画をたてつつ、今回の山行を振り返りビール

        の勢いもあり、自然と話に花を咲かせる。

        さーて、また明日からは仕事をちゃっちゃとかたずけ、非日常を

        日常へと移行させていく作業に没頭する事になる。

        メリハリが楽しい。そんなことが本心からわかったのも、最近

        なのかも知れない。友人のひょうんな山での一言や自然の奇蹟に

        そんなことも教えてもらえた、最良の山行となりました。。。

        帰りの車の中も爆笑バカ騒ぎで、久々に涙をながしながら笑いました!


        サンライズ

        0

          このサンライズは近年ナンバーワンとなったサンライズ景観となった。

          アクションカメラでずっと録画できたのは、なんか得した気分。

          友人達とは、ナンバーワンを感じたそばから、海外の山のサンライズで

          これ越えを見に行こう、と話される始末!!

          朝はジンジャーの利いた「チャイ」をバーナーで湯を沸かし、アツアツを

          舐めるように飲む。最高。ちょっとだけ私はチャイの味とサンライズで

          ガンジス川の畔でチャイを飲みながらVangelis - Chariots of Fire Theme

          を聴いたのを思い出した。

          今回はJose Gonzalez - Step Outを合わして聴いたが、これも最高!!

          普段、街中で仕事をして自然にふれあっていない友人は、心底感動し

          奥さんも山に連れて行こう、と言っていたのがうれしかった。

          遊び方がわかると実行に移す人も多いから、心底の感動、心底の笑い、

          心底の躍動が伝わる友人がいることで私は私で満足感に溢れた1日の

          スタートとなりました!

           


          山頂ならではの夜景

          0

            今度は強風をいくらか抑えてくれる木々の前に陣取り、街の灯を

            眺める。「スゲー」の一言。前面は海に向かって壮大な夜景

            背面は、富士山に向かって荘厳な星空。

            ここでもやはりバーナーで湯を沸かし大人ココアを作ることに!

            (ココアに生姜と粒胡椒をいれてウイスキーを垂らすもの)

            体を芯からあたためるのに大人ココアは最高だ。本来はここで

            ホットワインといきたい所だったが、なんせゲームで全部飲み干した

            からね。。。大人ココアには皆、持参した葉巻をあわせて壮大な夜景を

            眺める。この画像に写っていないが、ちょうど月も明るく位置も至極

            壮大な夜景を楽しめるエッセンスになっていた。

            そしてこの時間はちょっとしっぽりと各自の思い出や引っかかる邦楽を

            用意してきたので、各自が再びヘッドフォンを繋げて聞き入る。

            音楽の終焉とともに「感動した!」と涙ぐむ者、無言で涙が毀れない様に

            上を見上げる者、良い時間を過ごす事ができました。。。

            やっぱり山はいいねー。いろいろな事を教えてくれるし体感させてくれる。

             


            星空観察

            0

              ゲームに負けてダウンしていた二人も2時間ほど爆睡したら

              完璧に復活!すぐさま、着の身着のままで外に出る。目的は星空。

              山荘に宿泊しないと見れない一つが星空だ!

              この季節は大好きな「北斗七星」「オリオン座」も綺麗に

              そして近くに見れる。「なんて日だ!!」と友人がちょい

              古めのギャグを言うものの、そんなギャグの余韻も吸い込む

              夜空なのだ!

              しかし、さすがにこの時期の山頂、冷たい冷たい強風が吹き続け

              手袋もニット帽もネックウォーマー或いは登山マスクを部屋に

              置きっぱなしの我々には、寒さ我慢大会が始まる始末。しばしの時の

              刻みの後、誰も得する人がいないということに気づき、部屋に戻り、

              寒さ対策をして引き返すことにした。

              部屋に戻ると外を忘れたようにゲームが始まり、日本酒を持ってきた

              人間が脱落。脱落者を置いて完全防寒で再び外に・・・20:00消灯の

              山荘では皆さんがお休みになっているので、廊下は忍者バリに抜き足

              差し足で、これはこれでまた楽しい。。。

               


              山荘で過ごす

              0

                山荘はだいたいどこも似たり寄ったりで知らない人同士で

                こんな感じで寝る。消灯は20:00。そんなことも加味し

                個室は必須だった。

                早速、荷物を置くと同時にゲームをそれぞれ1個持ってくる

                ことになっていたので出す。トランプ、五目並べ、人生ゲーム、

                昆虫カードゲーム。まずはトランプで負けたらワイン一気ゲームを

                実施。久しぶりに大貧民、ポーカー、7並べをやることに!

                これが気圧のせいもあるのか、やたらと盛り上がる。。。ホットワイン

                用に持ってきたワイン、じっくり飲む高価なワイン、ともに一気に

                空けてしまう。睡眠不足?気圧?疲れ?のせいか、特に負けた私と友人

                のひとりはベロベロになってしまう(私を含む3人が前日徹夜での登山)

                気がつくと負けコンビはそのまま布団にダウン。。。睡眠。。。

                30分後に晩飯で起こされる。。。夢の中でカレーライスを食べている

                状態。山荘の食堂は団体客がいるせいもあり、結構な混雑。普段なら

                初対面の方々と気さくに話すのだが、この時はカレーを食べた記憶すら

                後で振り返って薄い感じでした。。。再び、負けコンビは部屋で即ダウン。

                 


                ダイヤモンド富士

                0

                  目的のダイヤモンド富士を拝観する。山頂では山荘宿泊客が

                  大勢外にでて感嘆の声をあげながら、スマホで写真を撮っている。

                  我々は事前に購入してきたアクションカメラで、様々なポイント

                  で録画をして楽しんでいるので、ここでも録画。

                  自然の引き起こす奇蹟を今後もどれだけ肉眼でみて、きいて、嗅いで

                  触れるのだろう、それがきっと幸せの一つに結びつく事を確信する。

                  ここではコーヒーを沸かし、事前に用意してきたヘッドホン4つを

                  仲間に渡し、コーヒーを飲みながら「山とジャズと珈琲」という遊びを

                  する。大容量のジャズ(ジョンコルトレーンやハービーハンコック)に

                  珈琲をすすりながら、太陽が富士山に吸い込まれていくのを、溜息交じり

                  に覚醒に近い感覚でながめる。皆が真顔だけど楽しさと満足感を享受する。

                  本日の山荘での食事はカレーライス(おかわり自由)ということなので

                  多少の時間があるものの山荘にチェックインすることに。

                  山荘では事前にリクエストしていたこともあり、個室をキープさせて

                  もらったので気も楽。。。

                   


                  富士山

                  0

                    無事、あっちこっちの山や山荘におじゃましながら、目的地に

                    登頂。富士山を眺めながら、おいしい空気を吸い、まずは友人が

                    重い荷物に耐えながら持参したビールで乾杯!!最高!!

                    (まあ私も別の友人もワインを瓶ごととか日本酒とかウイスキー

                    とか持ってきているんですけどね・・・)

                    ビールのつまみはバーナーの鉄板で焼く焼肉、旨すぎる(笑顔)

                    そして胡椒を強めにしたステーキ。どんどんビールが進む。

                    そして各自持参のメスティンにエスビット、お米1合で釜飯を

                    炊くことに…その間に具入り蟹味噌汁と漬物の用意をする。

                    登山の後の濃い目の釜飯は、皆が皆美味しさのあまりに爆笑して

                    しまうほど!周囲の登山客の方々もいきなりステーキ焼いて、

                    釜飯食べているので好奇の眼差しを感じました。

                    でもそんな事がキッカケでおば様たちとおしゃべりしたり、外国の

                    登山客と交流をもったり、山荘のご主人とミッチリ話しこんで様々な

                    天候や景観、食事や特典などの情報交換もできたのでこれもこれで

                    アリなんですよねーーー


                    THE登山

                    0

                      今回は初めての登山の人も交えて、4人のパーティーで山荘に宿泊し

                      星空、夜景を楽しもう。そして一番の目的はダイヤモンド富士を

                      眺める事。そして山荘での宿泊はどこか学生の頃のノリにもなれる

                      からうれしい!おまけはサンライズ!

                      今回は新たな参加者は原則として、45リットル以上のリュックや

                      ポール、アイゼン、アウターなどなど一式をギフトする企画。

                      天気予報は「雨」だったけど、このメンバーで動くと大抵良いほう

                      良いほうに転ぶ。晴れの中を山々を鑑賞してから、登山開始。

                      意気揚々の初参加者は、登りはじめて15分で、「こんなにきついの!」

                      と驚きを隠せず、休みを多めにとったものの、結果最後までやり通した、

                      エライね。

                      途中、バーナーで湯を沸かし飲むコーヒーは何度も繰り返しているが

                      やはり、絶品。行動食のクッキーや羊羹、チョコレートで元気をいれながら

                      の無事な登山。(むしろ前日私はバイクで転んで脚をケガしながらでしたが

                      無事痛みもでずに楽しんだ)


                      calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << March 2019 >>
                      Yahoo! news
                      クリック募金
                      お家でお買物
                      今なら大量ポイント付
                      expedia!
                      ◆最低価格保証バナー◆他社より1円でも高ければ『差額+5,000円クーポン』!!
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM