万能鑑定士Qの事件簿 I

0

    松岡氏「万能鑑定士Qの事件簿 I」を読了する。

    内容は、東京23区を侵食していく不気味な“力士シール”。

    誰が、何のために貼ったのか?謎を追う若き週刊誌記者・小笠原は、

    猫のように鋭く魅惑的な瞳を持つ美女と出会う。

    凛田莉子、23歳―一瞬時に万物の真価・真贋・真相を見破る

    「万能鑑定士」だ。信じられないほどの天然キャラで劣等生だった

    莉子は、いつどこで広範な専門知識と観察眼を身につけたのか。

    稀代の頭脳派ヒロインが日本を変える・・・というもの。

    このシリーズも結構な著作数がでているんだよな。。。

    またシリーズ読破モノがでてきてしまったなーーー

    あとで買いにいくかな。本は思ったときに買わないとそのまま

    一生スルーしちゃうからな。私は思った本はとりあえず買うことに

    しています。その為、家にはまだ読んでいない所謂「積ん読」は

    50冊を超えています。。。

     


    ハドソン川の奇跡

    0

      映画「ハドソン川の奇跡」を鑑賞する。

      内容は、2009年1月15日、厳冬のニューヨーク。
      160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如制御不能と

      なった飛行機を、ハドソン川に不時着させ、
      “乗員乗客155名全員生存"

      という驚愕の生還劇を成し遂げたサレンバーガー機長。
      だが奇跡の裏側では、その判断をめぐり国家運輸安全委員会の

      厳しい追及が行われていた…というもの!

      クリント・イーストウッド監督ものに外しはないから、正解。

      改めてトム・ハンクス氏の演技も味があっていいね。

       


      シャーロック・ホームズ対伊藤博文

      0

        松岡氏「シャーロック・ホームズ対伊藤博文」を読了する。

        内容は、シャーロック・ホームズが現実の歴史に溶けこんだ。

        いかに彼は目撃者のいないライヘンバッハの滝の死闘で、

        モリアーティ教授への正当防衛を立証し、社会復帰しえたのか。

        日本で実際に起きた大津事件の謎に挑み、伊藤博文と逢着する。

        聖典のあらゆる矛盾が解消され論証される、20世紀以来最高の

        ホームズ物語。。。となっている。

        やっぱり松岡氏の著作はいい!すごく嵌れる。

        本作は、ホームズが死亡していたと思われ不在だった時期に何を

        していたのかについて、「チベットなど東洋へ行っていた」と

        説明されるものの、詳述されることはない。その謎に秘められた期間、

        ホームズは秘かに日本に渡っており、伊藤博文とともに難事件を

        解決していたという仮定の話が、気づくと真実味を帯びてきて

        ずいずい引き込まれてしまった。うまいなー。。。

         


        のみとり侍

        0

          映画「のみとり侍」を鑑賞する。

          内容は、長岡藩のエリート藩士・小林寛之進は、運悪く藩主の機嫌を

          損ねてしまい、猫の「のみとり」の仕事に就くよう命じられる。

          それは文字通り猫ののみを取って日銭を稼ぐものだが、実際は床で

          女性に愛をお届けする裏稼業であった。

          長屋で暮らすのみとりの親分・甚兵衛のもとで働きはじめた寛之進は、

          初めてののみとり相手であるおみねから下手くそと罵られたものの、

          伊達男・清兵衛の指南によって腕を磨いていく。

          そんな中、老中・田沼意次の失脚を受けてのみとり禁止令が敷かれ、

          寛之進らは突如として犯罪者扱いされてしまう。。。というもの!

          阿部寛作品を探っている中でたどりついて鑑賞。必ずボーダーラインを

          超えてくる安定感でした。次は刑事ものを見てみよっと!!

           


          八月十五日に吹く風

          0

            松岡氏「八月十五日に吹く風」を読了する。

            内容は、多忙の外務省担当官に上司から渡された太平洋戦争時の

            アメリカの公文書。そこには、命を軽視し玉砕に向かうという

            野蛮な日本人観を変え、戦後の占領政策を変える鍵となった報告

            の存在が示されていた。1943年、北の最果て・キスカ島に残された

            軍人五千人の救出劇を知力・軍力を結集して決行した日本軍将兵と、

            日本人の英知を身で知った米軍諜報員。

            不可能と思われた大規模撤退作戦を圧倒的筆致で描く感動の物語。。。

            となっている!

            松岡氏の著作は読めば読むほどうなるものがある。あらゆるジャンルに

            通して1本筋があるのは、情報の濃さ。やはり他の著作にも手をだしたく

            なるからなー。この本もヘビーな内容なのにワクワクして読めました。

             


            パディントン

            0

              映画「パディントン」を鑑賞する。

              内容は、イギリス・ロンドン。真っ赤な帽子を被った小さな

              紳士が、はるばるペルーから家を探しにやってきた。

              英国紳士らしく、とっても丁寧な言葉遣いで道行く人に

              話しかける彼だったが、なぜか誰からも相手にしてもらえない。
              それは・・・彼が“クマ"だから! やっと出会った親切な

              ブラウン夫人に“パディントン"と名付けられ、都会暮らしを

              始めてみたけれど、野生の本能が邪魔してドタバタの連続! 

              となっている!

              久しぶりに動物主役モノの映画を観たけど、食わず嫌いはやめて

              今後も動物主役モノも鑑賞しようと思ったキッカケの映画がこれ。

              冒険をしたくなりました!!

               


              グアムの探偵 3

              0

                松岡氏「グアムの探偵 3」を読了する。

                内容は、スカイダイビング中のふたりの男が空中で溶けるように

                混ざりあい消失した!事故か超常現象か?

                リゾート地であると同時に米軍の戦略上の要衝でもあるグアムでは、

                観光客を狙った犯罪だけでなくスパイ事件もが発生する。

                日本では考えられない大規模かつ多様な犯罪にゲンゾー、デニス、

                レイの日系人3世代探偵が挑む。。。というもの!

                結局「グアムの探偵」シリーズも全3巻読破してしまった。

                1度読みだすと止まれない中毒性があるのが、松岡氏の著作が

                好きなところだ。他と比べるとちょい落ちるけど、そこがまた

                良かったりすると勘違いが起きていることは、もう完全に松岡ファン

                の一人になっているのだろう。

                さーて、次作を読み始めるとするか!

                 


                物語

                0

                  北野武氏「物語」を読了する。

                  内容は、北野武監督にとって「物語」とは何か?

                  『その男、凶暴につき』から『アウトレイジビヨンド』に至るまで

                  の軌跡。すべての映画の脚本を語った画期的インタヴュー集。。。

                  となっている。

                  自叙伝シリーズも第十弾。結局全て読破している。

                  人として照れ屋が好きだ。そして優しさは全うしてこそのもので

                  瞬間的なものは優しさではない、とうのも共鳴できる。

                  自叙伝を読んでいると何かをよく知っている者、肩書がある者、

                  お金を持っている者、がすごいのではなく、気配りができて筋を通す

                  そして優しさの本質を使いこなすことができるのが、すごい事なのだ

                  と改めて胸に刻むことができた。それを基盤にしてついでに肩書や

                  お金や知識がついてくることには、大いに満足する。

                  そんな男になっていきたいものです。

                   


                  きっと、うまくいく

                  0

                    映画「きっと、うまくいく」を鑑賞する。

                    内容は、インドで大ヒットを記録した、大学時代の親友3人が

                    織り成す感動ドラマ。超難関理系大学・ICEに通うランチョー、

                    ファルハーン、ラジューの“3バカトリオ”が巻き起こす珍騒動と、

                    行方不明となったランチョーを探す10年後の彼らの姿を同時進行で描く。

                    根底に流れるのは学歴競争。加熱するインドの教育問題に一石を投じ、

                    真に“今を生きる"ことを問いかける万国普遍のテーマ。。。

                    となっている!

                    今まで観たインド映画で一番楽しめて、人に勧められる映画でした。

                    インドっぽさは、定番の踊りが少々あるところぐらいで、後はインド

                    映画っぽさがなかったですね。

                    最近、良い映画に出会うなーーー

                     


                    探偵の探偵IV

                    0

                      松岡氏「探偵の探偵IV」を読了する。

                      内容は、完全警護の東京拘置所で殺傷事件被告人の連続死亡事件が勃発。

                      監視カメラが捉えた人物は、紗崎玲奈にとって唯一無二の存在だった。

                      真実はどこで決着をみるのか。

                      死神への復讐は果たしたものの、琴葉に裏切られ虚ろな日々を

                      送っていた玲奈が覚醒する。

                      「探偵の探偵」四部作、壮絶なフィナーレ。。。となっている。

                      やー四部作読破したぞーー。簡単に一気読みできるほどおもしろく

                      読めました。

                      北川景子氏主演のドラマもみたくなったなー。

                       


                      calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << December 2019 >>
                      Yahoo! news
                      クリック募金
                      お家でお買物
                      今なら大量ポイント付
                      expedia!
                      ◆最低価格保証バナー◆他社より1円でも高ければ『差額+5,000円クーポン』!!
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM