<< 車購入 | main | 桜並木ツーリング >>

走ることについて語るときに僕の語ること

0

    村上春樹氏「走ることについて語るときに僕の語ること」

    を読了する。

    内容は、走ることについて語りつつ、小説家としてのありよう、

    創作の秘密、そして「彼自身」を初めて説き明かした画期的なメモワール

    1982年秋、専業作家としての生活を開始したとき、彼は心を決めて

    路上を走り始めた。それ以来25年にわたって世界各地で、フル・マラソンや、

    100キロマラソンや、トライアスロン・レースを休むことなく走り続けてきた。

    旅行バッグの中にはいつもランニング・シューズがあった。

    走ることは彼自身の生き方をどのように変え、彼の書く小説をどのように

    変えてきたのだろう? 日々路上に流された汗は、何をもたらしてくれのか?

    村上春樹が書き下ろす、走る小説家としての、そして小説を書くランナーと

    しての、必読のメモワール。。。となっている。

    まず単純に村上春樹氏がこんなにもマラソンを真剣にやっていたのだという事に

    驚いた!

    そしてこの本から、自身も大きな大会の完走を一度くらいしてみても

    いいのではないか、と新たな趣味の取り入れ動機になったのでナイス。

     


    コメント
    コメントする









    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    本を探す
    アウトドア
    DIYガーデン
    PC周辺機器
    Primeビデオ
    selected entries
    categories
    archives
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM