<< パディントン | main | のみとり侍 >>

八月十五日に吹く風

0

    松岡氏「八月十五日に吹く風」を読了する。

    内容は、多忙の外務省担当官に上司から渡された太平洋戦争時の

    アメリカの公文書。そこには、命を軽視し玉砕に向かうという

    野蛮な日本人観を変え、戦後の占領政策を変える鍵となった報告

    の存在が示されていた。1943年、北の最果て・キスカ島に残された

    軍人五千人の救出劇を知力・軍力を結集して決行した日本軍将兵と、

    日本人の英知を身で知った米軍諜報員。

    不可能と思われた大規模撤退作戦を圧倒的筆致で描く感動の物語。。。

    となっている!

    松岡氏の著作は読めば読むほどうなるものがある。あらゆるジャンルに

    通して1本筋があるのは、情報の濃さ。やはり他の著作にも手をだしたく

    なるからなー。この本もヘビーな内容なのにワクワクして読めました。

     


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    本を探す
    アウトドア
    DIYガーデン
    PC周辺機器
    Primeビデオ
    selected entries
    categories
    archives
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM