<< 武相荘 | main | 畑の整備 >>

脱亜論

0

    福澤諭吉氏「脱亜論」を読了する。

    内容は、福沢諭吉を「アジア蔑視論者」とする根拠として、

    しばしば引用される時事新報の論説『脱亜論』の原文と現代語訳

    を収録。さらに、当時の時代情勢、アジア情勢から脱亜論の背景

    を知るための二つの論説、
    『朝鮮独立党の処刑』
    『朝鮮人民のために其国の滅亡を賀す』
    の原文と現代語訳を併載した。
    その前年の1884年、金玉均らの率いる朝鮮の改革派(独立党)は、

    親清派の事大党に対するクーデターに失敗。朝鮮の近代化改革は

    挫折し、金玉均らは日本に亡命し、一時は福沢の庇護を受けた。
    なお、「福沢諭吉は時事新報の論説主幹ではない」という説も

    あるが、当時の書籍に「時事新報主幹」の肩書きで寄稿している

    例もあることから、「福沢諭吉主幹」とした。実際に論説の筆者

    が誰であるかについては、諸説がある。。。というもの。

    国と国がぶつかりあいの時こそ先人の教えを参考にしようと思い

    この時期のおかげで読むことが出来た。

    やっぱり名を馳せた人の言霊は納得を超越するものがありました!

     


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    Yahoo! news
    クリック募金
    お家でお買物
    今なら大量ポイント付
    expedia!
    ◆最低価格保証バナー◆他社より1円でも高ければ『差額+5,000円クーポン』!!
    selected entries
    categories
    archives
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM