<< ダンボ | main | 煎餅焼き >>

五輪書

0

    宮本武蔵「五輪書」を読了する。

    内容は、武士は兵法の道を確かに会得し、そのほか武芸に

    よく励み、武士の修行すべき道(文武両道)に精通し、

    心迷うことなく、常に怠ることなく、心・意二つの心を磨き

    観・見二つの目を研ぎ、少しも曇りなく、迷いの雲の

    晴れわたったところこそ、実の「空」と知るべきである(空の巻)。

    最も古く最もオリジナルに近い福岡藩吉田家伝来の書を底本に、

    原典に忠実な現代語訳決定版。剣豪・宮本武蔵の兵法の奥義と

    哲学が時代を超えて現代によみがえる。 。。

    となっている!

    五輪書を読むのは2度目なので今回は現代語訳にしてみた。

    何となく武士の修行にかっこよさを覚え、武についての指南書

    だと思うと意外と違い、精神的なもの、哲学的なものに

    震えることができます。後輩に廻します。。。

     


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    Yahoo! news
    クリック募金
    お家でお買物
    今なら大量ポイント付
    expedia!
    ◆最低価格保証バナー◆他社より1円でも高ければ『差額+5,000円クーポン』!!
    selected entries
    categories
    archives
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM