<< メスティンでパウンドケーキ | main | WOOD JOB >>

Dの遺言

0

    柴田氏「Dの遺言」を読了する。

     

    内容は、戦時中、軍需省の要請により立法化され、

    それに基づき皇室からも供出されたダイヤモンドがあった。

    その量、32万カラット。戦後は日銀に保管されていたが、

    その内20万カラットが占領のどさくさの中に消失。

    GHQのアメリカ軍将校が盗み出したとも、日本の

    政権運用資金に使われたとも言われていた。

    東大教授にして歴史作家・浅野迦羅守は、戦後の特務機関

    亜細亜産業に勤めていた曽祖父たちから、消えたダイヤの

    在り処を示す暗号文の遺言書を託された。

    しかし、捜索を開始するや何者かからの脅迫を受け、やがて

    敵の襲撃が…というもの!

    前作の「Mの暗号」の続編だね。この宝物探しゲーム的な

    感覚を味あわせてくれるこの手の本は大好きです。

    エンタメだと認識すれば、とても楽しめる1冊なのでこれも

    前回の「Mの暗号」に続き同じ友人に贈りたいと思います。

     


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    Yahoo! news
    クリック募金
    お家でお買物
    今なら大量ポイント付
    expedia!
    ◆最低価格保証バナー◆他社より1円でも高ければ『差額+5,000円クーポン』!!
    selected entries
    categories
    archives
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM