<< シュノーケルマスク | main | コーヒープリン >>

怪談

0

    柳氏「怪談」を読了する。

     

    内容は、残業を終え帰路を急ぐ赤坂俊一が真っ暗な

    坂道をのぼる途中、うずくまって泣いている女を

    見かけた。声をかけると、女はゆっくりと向き直り、

    両手に埋めていた顔をしずかに上げた―その顔は

    (「むじな」)。ありふれた現代の一角を舞台に、

    期せずして日常を逸脱し怪異に呑み込まれた

    老若男女の恐怖を描いた傑作6編。。。

    となっている!

    恐いものは、その名の通り怖いもの見たさで定期的に

    ついつい見てしまい、その印象から想像力豊かになり

    海外のホテルの一人部屋での就寝の際に思い出し、嫌な

    思いをしてしまう、、、だから見なければいいのに、

    恐いもの同好会に参加している手前、会長に呼ばれると

    恐い動画、恐い映画、そして富士の樹海での怪談などなど

    に参加してしまうのだ!少々、普段から免疫をつけておこう

    と手に取った本だけど、実体験の恐怖度が高くて、恐さ

    だけでいうと物足りなかったかな!

     


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Yahoo! news
    クリック募金
    お家でお買物
    今なら大量ポイント付
    expedia!
    ◆最低価格保証バナー◆他社より1円でも高ければ『差額+5,000円クーポン』!!
    selected entries
    categories
    archives
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM