<< 寿司会談 | main | 料理自慢のパスタ読本 >>

月は怒らない

0

    垣根氏「月は怒らない」を読了する。

     

    内容は、チンピラの梶原、大学生の弘樹、警察官の和田。

    何の接点もないように見える三人には共通点があった。

    それはある女の家に通っていること――。

    市役所の戸籍係で働く恭子は金にも物にも執着せず、

    相手に何も期待しない。そんな無機質で達観した女に、

    男たちはなぜ心惹かれるのか。

    女には、この世界の何が見えているのか。

    交差する思惑の中から浮かび上がるロクデナシたちの

    生き様を描いた長編。。。となっている!

    「ワイルドソウル」などとは全く別の観点の小説となり

    人間の奥底にあるどろどろとしたものの解消が特に良い。

    公園のベンチで話す老人と女性の会話はどこか救いの

    ある明るさが感じられ、なんかほっこりできました。

    水観、山観、月観をとりいれてみようと思います。

    ROPでは、北海道中東部での地震に際し被災地の復旧活動、

    被災者の生活再建を目的とした支援活動のため

    北海道地震緊急災害支援募金寄付を実施しました。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Yahoo! news
    クリック募金
    お家でお買物
    今なら大量ポイント付
    expedia!
    ◆最低価格保証バナー◆他社より1円でも高ければ『差額+5,000円クーポン』!!
    selected entries
    categories
    archives
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM