<< じゃがいも種付け | main | 竹を薪にするのだ。 >>

学問のすゝめ

0

    福沢諭吉氏「学問のすゝめ」を読了する。

     

    内容は、本書がこれほどまでに長く人々に読まれ

    続けている理由は、その内容の普遍性にある。

    ここで述べられている内容の多くは、現在でもその

    輝きを失わず、読む者の胸に迫ってくるものである。

    たとえば十五編の「もし西洋と日本が逆だったら」の

    部分は、国際化時代に生きる現代の我々にも示唆を

    与えてくれるし、十四編の「人生の『損益』計算のしかた」

    は、いま生きているすべての人々が共通して意識

    すべき内容であると言える。。。

    久々に読み直してみたが、以前読んだときには無い

    きづきが数多くあり、非常にタメになりましたし、やっぱ

    名前を残す人は、根本がしっかりとしている人なんだ

    ということが重々わかりました!!

     


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    Yahoo! news
    クリック募金
    お家でお買物
    今なら大量ポイント付
    expedia!
    ◆最低価格保証バナー◆他社より1円でも高ければ『差額+5,000円クーポン』!!
    selected entries
    categories
    archives
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM