<< 暴力団 | main | 銀座ブルース >>

15時17分、パリ行き

0

    映画「15時17分、パリ行き」を鑑賞する。

     

    内容は、2015年にヨーロッパで起こった無差別テロ

    「タリス銃乱射事件」で現場に居合わせ、犯人を取り押さえた

    3人の若者を主役に、事件に至るまでの彼らの半生を、プロの

    俳優ではなく本人たちを主演に起用して描いたドラマ。

    2015年8月21日、オランダのアムステルダムからフランスの

    パリへ向かう高速列車タリスの中で、銃で武装したイスラム

    激派の男が無差別殺傷を試みる。しかし、その列車にたまたま

    乗り合わせていた米空軍兵のスペンサー・ストーンと

    オレゴン州兵のアレク・スカラトス、そして2人の友人である

    青年アンソニー・サドラーが男を取り押さえ、未曾有の惨事を

    防ぐことに成功する。。。というもの!

    クリント・イーストウッド監督作品が大きく外す事はないから

    安心して観にいけました!実際の話を実際のメンバーで映画化

    するという試みはひょっとしたら初なのかな!おもしろい。

    主役の3人だけでなく、その時の乗車の客までが実演って、

    すごいなー、テロ犯だけが俳優さんということか!

     


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    Yahoo! news
    クリック募金
    お家でお買物
    今なら大量ポイント付
    expedia!
    ◆最低価格保証バナー◆他社より1円でも高ければ『差額+5,000円クーポン』!!
    selected entries
    categories
    archives
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM