GHQと戦った女

0

    「GHQと戦った女」を読了する。

    本屋で平積みされていて気になったので手にとってみた。

    内容は、米兵と日本人女性の混血児たちを救うため、
    エリザベス・サンダース・ホームを開いた沢田美喜。
    戦前、上流社会の頂点に君臨した岩崎家。

    その令嬢が一転、なぜ養うミルク代にも事欠く生活に

    みずからを追い込んだのか。貴重な茶室を壊して薪にし、

    高価な家財を惜しげもなく売り払ってホームの運営資金

    にした強靭な意志と決意。

    そこに秘められた「贖罪」とは…というもの!

    過去に読んだ他の本とのリンク、サンダースホーム付近

    に基地を持つ私としては多少の言い伝えや土地勘も

    あるのでのめり込む事ができました。この作者の他の

    本も読んでみようっと。

     


    学問のすゝめ

    0

      福沢諭吉氏「学問のすゝめ」を読了する。

       

      内容は、本書がこれほどまでに長く人々に読まれ

      続けている理由は、その内容の普遍性にある。

      ここで述べられている内容の多くは、現在でもその

      輝きを失わず、読む者の胸に迫ってくるものである。

      たとえば十五編の「もし西洋と日本が逆だったら」の

      部分は、国際化時代に生きる現代の我々にも示唆を

      与えてくれるし、十四編の「人生の『損益』計算のしかた」

      は、いま生きているすべての人々が共通して意識

      すべき内容であると言える。。。

      久々に読み直してみたが、以前読んだときには無い

      きづきが数多くあり、非常にタメになりましたし、やっぱ

      名前を残す人は、根本がしっかりとしている人なんだ

      ということが重々わかりました!!

       


      歪笑小説

      0

        東野氏「歪笑小説」を読了する。

         

        内容は、新人編集者が目の当たりにした、常識破りの

        あの手この手を連発する伝説の編集者。

        自作のドラマ化話に舞い上がり、美人担当者に恋心を

        抱く、全く売れない若手作家。出版社のゴルフコンペ

        に初参加して大物作家に翻弄されるヒット作症候群の

        新鋭…俳優、読者、書店、家族を巻き込んで作家の

        身近は事件がいっぱい。ブラックな笑い満載!

        小説業界の内幕を描く連続ドラマ。。。となっている!

        まず、この伝説の編集者の顔があてはまる人間と一致

        し、最後までその人を主役に読み進めてしまった。

        案外、東野氏もその人を設定としていたのかもしれない。

        様々な要素が入り組んでいて最後まで愉しく読めたので

        やはり、東野氏の他の本も読んでみようとなりました。

         


        沈黙の春

        0

          レイチェルカーソン「沈黙の春」を読了する。

           

          内容は、自然を忘れた現代人に魂のふるさとを

          思い起こさせる美しい声と、自然を破壊し人体を

          蝕む化学薬品の浸透、循環、蓄積を追究する冷徹な眼、

          そして、いま私たちは何をなすべきかを訴える

          たくましい実行力。三つを備えた、自然保護と

          化学物質公害追及の先駆的な本がこれだ。。。

          となっている!

          こういう著名な本は学生時代に遊びに集中し、読んで

          こなかったので、暇なときを見繕いながら徐々に

          読み進めている。やはり、おじ様や先輩たちとの食事会

          では、ちょっとした時にこういう話題になり、それを

          通ってきているか、否かで判断基準になってしまう事も

          あるし、第一著名な本ってそれなりにつかめるものが

          あるからね!

           


          MIX 猟奇犯罪捜査班

          0

            内藤氏「MIX 猟奇犯罪捜査班」を読了する。

             

            内容は、湖で発見された、上半身が少女、下半身が

            魚の謎の遺体。「死神女史」の検死で、身体変異に関する

            驚くべき事実が判明する。そして八王子西署には人事異動

            の波が訪れていた。新人とのやり取りに苦戦しつつ捜査を

            進める比奈子。「人魚」事件の背後には未解決の

            児童行方不明事件が関わっているようだ。

            さらに新たに子供の奇妙な部分遺体が発見される事件が

            起こる。。。というもの!

            このシリーズも全て読んできているけど、やっぱり読める

            本だという事が改めてわかった。少々時間を他の事に

            使わないといけなくなったのでいろいろと整理をしていた

            けど、今後もこのシリーズの読書の時間は残る事と

            なりました!

             


            完全版 アンネの日記

            0

              アンネフランク「完全版 アンネの日記」を読了する。

               

              内容は、アンネは二種類の日記を残していた。自分に

              宛てた手紙のかたちで書いた最初の日記と、のちに

              公表することを期して清書した第二の日記である。

              没後半世紀、いまその全貌が公開される。思春期の夢

              と悩みを赤裸々に綴る鋭い感性と驚くべき表現

              力―アンネ像がぐっとふくらみました。

              今日からこの“完全版”が定本とされる。。。というもの!

              アンネの父親が清書したものは読んでいたが、ある種

              都合の悪い部分を削除した様にも感じるものだった。

              そこでおじ様に完全版があることを教えてもらい、手に

              とった。そこはむき出しの女性像が描写されていて、

              同世代に対しての嫉妬や悪口、性などについても記載

              されている。こういう部分を完全版では知ることができ

              アンネも当然だけど一人の普通の女の子の部分が多々

              あるのだな、と感じる事が出来ました。。。

               


              雇用・利子および貨幣の一般理論

              0

                ケインズ「雇用・利子および貨幣の一般理論」を

                読了する。

                内容は、第一次世界大戦で疲弊しきったイギリス経済

                は、失業率25%という大不況にあえいでいた。
                しかしこの国家の危機にも、経済学の主流である

                「古典派経済学派」は古い価値観にとらわれ、

                「いずれ時が解決してくれる」という姿勢から離れない。
                経済学者として、また財務官僚として一級の感覚を持って

                いたケインズは、この状況に疑問を持ち、そしてひとつの

                結論に達する。。。というもの!

                経済学の原理原則のようなケインズ。この人は経済学者と

                してよりも人間としても興味があったので結構著作は

                読んできた。アメリカで講演した時に講演後、記者に語った

                「会場でケインジアンでないのは私だけだった」は秀逸。

                 


                麒麟の翼

                0

                  東野氏「麒麟の翼」を読了する。

                   

                  内容は、「私たち、お父さんのこと何も知らない」。

                  胸を刺された男性が日本橋の上で息絶えた。

                  瀕死の状態でそこまで移動した理由を探る加賀恭一郎は、

                  被害者が「七福神巡り」をしていたことを突き止める。

                  家族はその目的に心当たりがない。

                  だが刑事の一言で、ある人物の心に変化が生まれる。

                  父の命懸けの決意とは。。。となっている!!

                  どうしても主役の刑事を頭の中で描写するとき

                  「阿部寛」氏があふれかえってしまう。多分そういう人も

                  多いのでは、この「新参者」シリーズのあるある、

                  なのかも知れません(笑)

                   


                  資本主義と自由

                  0

                    フリードマン「資本主義と自由」を読了する。

                     

                    内容は、世界の構造改革のバイブル。1962年初版、

                    フリードマンが最も愛した著作、待望の新訳。

                    郵政改革、教育バウチャー、規制撤廃など絶対自由主義

                    の政策の意味を説いた名著。。。となっている。

                    特に興味を覚えた項は・・・

                    ●農産物の買取保証価格制度
                    ●輸入関税または輸出制限
                    ●農産物の作付面積制限や原油の生産割当てなどの産出規制
                    ●家賃統制
                    ●法定の最低賃金や価格上限
                    ●細部にわたる産業規制
                    ●連邦通信委員会によるラジオとテレビの規制

                    いまの日本やアメリカにも通づる理論形成をフリードマンは

                    1962年には気づいていたということなのだろう。

                    あまり経済学に関らないようにしているが、最低限名著だけは

                    読むようにしているが、これはおもしろかったなー

                     


                    マスカレード・イブ

                    0

                      東野圭吾氏「マスカレード・イブ」を読了する。

                       

                      内容は、ホテル・コルテシア大阪で働く山岸尚美は、

                      ある客たちの仮面に気づく。

                      一方、東京で発生した殺人事件の捜査に当たる新田浩介は、

                      一人の男に目をつけた。

                      事件の夜、男は大阪にいたと主張するが、なぜかホテル名

                      を言わない。

                      殺人の疑いをかけられてでも守りたい秘密とは何なのか!

                      というもの。

                      マスカレードシリーズで東野作品の人気がよくわかる。

                      常に真ん中を超えてきて、はずれナシ、ということなのだろう。

                      仕事で知り合った後輩から進められて読み始めたが、一度

                      読み始めると読了するまで気がかりになるのが不思議。

                      何か、他も読んでみよっと!!

                       


                      calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>
                      Yahoo! news
                      クリック募金
                      お家でお買物
                      今なら大量ポイント付
                      expedia!
                      ◆最低価格保証バナー◆他社より1円でも高ければ『差額+5,000円クーポン』!!
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM