脳内ポイズンベリー

0

    映画「脳内ポイズンベリー 」を鑑賞する。

    内容は、水城せとなの人気コミックを真木よう子主演で

    映画化した新感覚ラブコメディ。

    自分に自信がなく優柔不断なアラサー女子の恋の行方を、

    5つの思考を擬人化したキャラクターたちが繰り広げる

    脳内会議を交えてコミカルに描く。。。というもの!

    あまり興味がないものを中心に月に100本以上の映画を

    みようイベントを一人でやっている最中の1本。

    構想はおもしろい映画でした。

    こういったちょっと趣味嗜好から離れるものを見ると

    新たな発見や新たな価値観を創造できるから、自分には

    必須なんだよね。引き続き、映画を模索してみよっと!

     


    高尾山

    0

      昨日大山で出会った「私達、後期高齢者なのよーー」と言いながら

      元気に山頂を目指していたご夫妻に談笑時に「高尾山の団子と

      山頂のとろろ蕎麦がおいしいわよ」と教わったのが、頭から離れず

      大雨の中、食しに行ってきた。

      さすがに大雨なので世界一登山客を集める週末の高尾山もすいていて

      ナイス。団子もとろろ蕎麦もしっかり食して大満足。

      折角なので7つあるコースのうち4つをこなしてきた。

      4つをこなして大山と同じぐらいの疲れかな。

      薬王院のパワースポットも楽しめたし、高尾山は年間270万人を

      集める世界一の登山者数も納得がいく。

      週3の登山はストレス0だし、パワーアップもひしひしと感じるし

      山行はいいことずくめだね。

       


      大山山頂カフェ

      0

        梅雨に入ったのに意外、続けて今日も晴れたので仕事を半休にして

        手軽に大山の山頂に登って、カフェをすることにした。

        バーナーや薬缶、お気に入りの音楽に葉巻をもって大山にGO。

        さすがに9:30ぐらいの麓の駐車場は、ほぼ満車。

        山に入り、中腹ほどで水分補給と服の温度調整のために立ち止まると

        辺りはガスり始め、10メートル先の視界もままならない状態になる。

        その煙の中からボーーっと現れた仙人のようなおじいさんが、自分の

        横で立ち止まったので挨拶から始まり、談笑となる。その仙人おじさんが

        ぼそっと温かみのある笑顔で云う。

        「大山で野生の鹿に出合い、眼を見つめながら想いを伝えると叶うのじゃよ」

        何を御伽噺のようなことを…と思いながらもガッツリその御伽噺を信じる、俺。

        ガスが晴れてきたなー街や江ノ島まで見えるなーとしばし景色に圧倒され

        写真を1枚とって、仙人おじさんに見せようと横を振り向くと、すでに姿は

        なかった。まあ、山ではそんなこともありなんと思い、山頂までの道のりは

        眼を皿のようにキョロキョロと周囲を見渡し、「神鹿」を探す、オレ。

        結局、シカには出会えなかったが、大山に目的ができたので、完遂するまでは

        大山山頂カフェごっこを続けようと思います。。。

         


        ヨットセーリング

        0

          梅雨の合い間の晴れ間に恵まれたので、仕事上がりでマリーナに

          かけこみ友人達と合流した。太陽はまだ昇っている。

          本日の目的はヨットのセーリング。

          ヨット遊びをしよう。ひいては、将来的に日本一周の旅を目論もう、

          と以前の遊び会議での決定を徐々にだが進める目的だ。

          今回は友人の金持ちのおじさまのヨットをだしてもらい、ヨットの

          魅力や乗り方なども教わる。

          大海原にでてエンジン音なしに風だけで進むヨット。

          ただただ水しぶきの音が聴こえる世界は優雅そのものだった。

          風でのターンやロープワークなどの説明を受けつつ、時折舵も

          任せてもらい、風と波の感じ方、そしてそれに伴う帆の張り方などなど

          を学ぶが、なんせ向こうはヨット歴50年だから、日常生活のように

          やっている所作もこちらは特別作業なので乗船中は、緊張の糸を張り

          ぱなし。自然音だけの世界を満喫し、マリーナに戻るとドリンク片手に

          いろいろなヨット話やテクニック、昔の話などを聴いてゆく。

          何とも最上の時をサンセットの中、過ごす事が出来た。

          おじ様に次回までの勉強の本なども渡してもらい解散。

          終始、おじ様の日常話に当然のようにでてくるビッグネームの人たち

          に友人も緊張しっぱなしだったようで、帰りは二人とも緊張の糸が切れ

          どっと疲れがでました。でもこの経験を重ねていき、我々もこれを日常に

          していくことも大切な事なのだ、と明確にわかりました。

          おじ様、ありがとう。次回、とびっきりのお酒を差し入れしようと思います。

           


          空母いぶき

          0

            映画「空母いぶき」を鑑賞する。

            内容は、国籍不明の軍事勢力から攻撃を受ける中、

            それぞれの立場で国民の命と平和を守るため奔走

            する者たちの姿を描く。世界が再び「空母の時代」

            に突入した20XX年。日本の最南端沖で国籍不明の

            軍事勢力が領土の一部を占拠し、海上保安庁の隊員

            を拘束する事態が発生。未曾有の緊張感に包まれる中、

            政府は初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心と

            した護衛艦群を現場に派遣するが…というもの!

            何かと公開前に騒ぎになっていたし、ネットの映画評価

            も低かったので期待せずに観たけど、CGが綺麗で

            戦闘シーンなどは迫力もあり、よかった。原作のマンガ

            も読んでいるけど、そちらの方が政治的には具体的で

            緊迫感はあるね。全てひっくるめてエンターテイメント

            だと認識するとおもしろいです。

             


            ジェネラル・ルージュの凱旋

            0

              「ジェネラル・ルージュの凱旋」を鑑賞する。

              内容は、「チーム・バチスタ事件」を解決に導いた 窓際医師、

              田口公子 (竹内結子) は、院内における諸問題を扱う倫理委員会

              の委員長に任命された。そんな彼女の元に、一通の告発文書が届く。

              その内容は『救命救急の速水晃一センター長 (堺 雅人) は医療

              メーカーと癒着している。看護師長は共犯だ』という衝撃的な

              ものだった。。。というもの!

              阿部寛氏出演のもので外しがないので安心して見れます。

              阿部寛氏の昔のドラマや映画もさぐってみよっと・・・

               


              帰去来

              0

                大沢在昌氏「帰去来」を読了する。

                内容は、警視庁捜査一課の“お荷物”志麻由子は、連続殺人犯

                の捜査中に、何者かに首を絞められ気を失う。

                目覚めたのは異次元の「光和26年のアジア連邦・日本本共和国

                ・東京市」だった。もう一人の自分は異例の出世をした

                “東京市警のエリート警視”。闇組織からは命を狙われ、警察内部

                でも汚職警官の摘発など、非情な捜査方法が非難を浴び、

                孤立無援であることを知る。

                戸惑いながらも彼女は、“エリート警視・志麻由子”となって捜査

                を継続するしか方法がなかった…というもの!

                構想がおもしろく、直ぐにのめりこむことができた。おかげで

                睡眠不足を久しぶりに愉しむ事ができた大沢本でした!!

                 


                アラジン実写版

                0

                  映画「アラジン実写版」を鑑賞する。

                  内容は、生きるために盗みを働きながらも真っ直ぐな心を持ち、

                  人生を変えるチャンスをつかもうとしている青年アラジンと、

                  自立した心と強い好奇心を抱き、自由に憧れる王女ジャスミン。

                  2人の運命的な出会いをきっかけに、それぞれの願いは動き始める。

                  そしてアラジンは、邪悪な大臣ジャファーの甘い誘いに乗り、

                  魔法の洞窟からランプを引き受けるが……

                  魔法のランプから登場するランプの魔人ジーニーをウィル・スミス

                  が演じる。。。となっている!

                  映画館も久々に盛況でしたね。

                  こういう映画を観ると自分も魔法のランプを手に入れて3つの願いを

                  するとしたら何にしよう・・・とか考えるのも楽しい。

                  実写化は、無理があるのかな、と思っていたけどスムーズにアニメ

                  よりもワクワクみることができました。オススメです。

                   


                  南風

                  0

                    映画「南風」を鑑賞する。

                    台湾映画にあたりが続いたので、観てみました。

                    内容は、風間藍子26歳。恋人にふられたばかりの彼女は、

                    ファッション誌の編集者として活躍していたが、
                    希望ではない企画ページの担当に異動となり、取材のために

                    台北にやって来た。藍子は自転車を借りるために立ち寄った店で

                    16歳の少女トントンと出会う。モデルになることを夢見ている

                    トントンは、オーディション会場に行くために21歳と偽って、
                    藍子のガイドとして自転車の旅に同行することになる。。。

                    というもの!

                    これも「あたり」でした。台湾映画、いけるんだねー。

                    単独で台湾を周遊する自転車の旅を実施したことがあり、風景

                    人情、食などなどが懐かしくてよかった。いまは台湾では自転車で

                    周遊するのを推奨し、道路も整っているけど、当時台湾で仕事を

                    していた私は、それを何とか推奨したくて台湾政府に掛け合ったのが

                    若くて熱い、そんな感情も思い起こされ、映画をみながら、ちょっと

                    照れたり、はにかんだりもしてしまった映画でした。。。

                     


                    ソロ夕方クルージング

                    0

                      年上の船歴40年以上の人に多いのだが、ちょっくら時間が空くと

                      一人で海に出てセイリングを楽しんだり、釣りをしたり、或いは

                      ポインターを連れてクルージングをしたり、サンセットや夜景を

                      見たりとかっこいい男の姿があり憧れに近い眼差しでみていた。

                      自分もそうなりたいなぁ、といつも思っていたけど、様々な失敗も

                      人生だ!と割り切り、ソロで船を出港させ横浜の夕焼けを楽しみに

                      きた。ゆったりとした波だったので、まるでハンモックで寝ているよう

                      にサンセットを見ながら外のソファでうとうとしてしまう。

                      おかげで珈琲を沸かす時間を逃してしまいました。とはいえ、次回

                      はソロでナイトクルージングに挑戦する予定なので、そのチャンスは

                      まだまだ人生の中では相当数あるはずだ。

                      いつもはお気に入りの音楽を流すのだけど、ここは、とFM横浜を

                      流す。この先に見えるランドマークタワーから聴こえてくるかの様に

                      錯覚を楽しみながら…くさい話だが、また1歩だけ男になれた気がして

                      少々鼻高々になれた。。。


                      calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << June 2019 >>
                      Yahoo! news
                      クリック募金
                      お家でお買物
                      今なら大量ポイント付
                      expedia!
                      ◆最低価格保証バナー◆他社より1円でも高ければ『差額+5,000円クーポン』!!
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM